オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2014年12月

ゼロイチ新聞3 「ボブ君の話」

***最初に、この記事は、以前のブログで書いた記事ですが、反響が大きかったので、こちらのブログでもう一回アップします***

 

カンボジアのアンコールワットのある街、シェムリアップに一週間ほど滞在した時の話。アンコールワット遺跡郡を回るため、トゥクトゥク(タクシー的な乗り物)をチャーターしていた。そのドライバーの青年がボブ君(二十歳くらい、ニックネームがボブ)いつもニコニコしていて、気がきくし、とても優しい青年。

ボブの運転するトゥクトゥクに乗り、色々な場所を案内してもらった。彼は昼飯も節約のためにあまり食べないので、いつも自分達(現地で知り合った仲間と行動していた)がおごっていた。

シェムリアップ最後の日の夜、ボブを連れて飲みにいった。

t02200165_0240018010497599908

自分は酔った勢いに任せて、熱く語ってしまった。(自分がよくやってしまうパターン)

「ボブ!お前は若いし、働き者だし、もっと良い仕事できるよ!ボブなら今の生活を抜け出して、もっと良い生活できる!視野を広げろ!世界を見ろ!若ければなんでもできる!あきらめんな!」

いつも優しいボブの顔が急に険しくなった。

ボブ「簡単に言うな!お前は何も分かっていない、俺に何が出来るって言うんっだ!」
「やっとやっと手に入れた仕事なんだ!これをやめたら一生仕事にありつけないかもしれない!」

その日は夜遅くまで飲み明かし、翌日涙ながらにお別れをした。

しかし、この経験で自分の無知さに本当に反省したわけですね。

この経験以来、先進国で生まれたことが、どれだけラッキーなことかと思うようになった。今はカンボジアも成長しているので、少しは変わっているかもしれないけど、カンボジアは警察官の月収がだいたい3000円くらいだそうです。

日本人の私達は、少し我慢してバイトすればすぐに海外旅行に行ける。 一回の飲み代で3000円、服を買いにいけば2万円なんてすぐになくなる。5万円を貯めるのなんて学生でも簡単ですよね??。

しかしボブは稼いだお金を全て貯金しても、年間で3万円は貯められないだろう。
海外旅行なんて一生行けないだろう。

日本はGDPでは最近中国に抜かれたが、現在も世界で三番目にお金持ちの国だったりする。
先進国に住むとゆうことはそうゆうことである。

自分は本当にドジだし、ヘマするし、すぐに悩む青年だったが、このような経験が増えるにつれて、「俺って幸せ者だなー」と思うようになった。
これに気づけたことは本当に良かったことだと思います。

t02200165_0240018010497570907

1億2千万人の中(日本の中)の視野か、70億人の中(世界)の視野か。。。1億2千万人の日本人は世界でもかなーりかなーーり恵まれてるんです。でもそれに気付けなかったら。。。って話ですね。

先日、町田に行ったときにとあるカフェのお手洗いのポスターにこう書かれていました。知ってる方も多いと思いますが、ゼロワンカフェってとこです。たまたまゼロイチ新聞とも名前がかぶってますが(笑)。

「幸せとは、手に入れるものではなく、手の中にある幸せに気付くこと」

 

 

拓也

 

週替わりランチ12/29〜

image1_10.JPG

2014年最後の週替わりランチは…

回鍋肉!ホイコウロウ!すんごーくご飯が進みますよね、大好きなおかずです。

学生さんは帰省した方が多いようですが、ロケットキッチンは12/31のランチまで営業してます!
お近くの方は是非!

年始は3日から営業しております、来年もよろしくお願いします。

Merry X’mas !!

image1_9.JPG

ゼロイチ新聞2 「寄付」

image1_8.JPG image2_4.JPG

ロケットキッチンは、些細な金額ですが、UNHCRという国連が運営する団体に寄付をしております。

まずUNHCRっていうのは簡単に言えば、世界の紛争などで住む場所を失った人々(難民)を助けている国際団体ですね。他にも色々な取り組みはあります。

私は個人的にも5年前くらいから、些細な額ですが寄付を続けています。

「やらない善より、やる偽善」って言葉聞いたことある人もいるかなー笑? まーこれをどう思うかは人それぞれで、私はこんな豊かな国に生まれたんだし、恵まれない同じ重さの命をおもいやれるような心を持っていたいなって思ってます。

以前ある番組で、日本に住む外国人に「日本語で母国語にほしい単語はなんですか?」ってゆう質問に、「おもいやり」ってゆう単語を挙げた外人さんが多かったのが印象的でした。

自分は日本が好きだし、こんな番組を見たりしたのもあって、寄付ってゆう文化も、日本が進んでるんじゃないかなって思いましたが、調べてみると、他先進国に比べると、あんまりそーでもないですね笑。

ロケットキッチンは今後もこのような取り組みを続けていきたいと思います!

最後まで読んでくれてありがとうございます。拓也

週替わりランチ12/22〜

image1_7.JPG

今週は心も体もあったまる、キムチ煮込みうどんです!
お待ちしてますねー!

ついに看板つきました、感動…。

image1_6.JPG image2_3.JPG

お客さんからも、場所分からない、何屋だか分からない、たくさんのお声をいただいておりましたが、やっと看板つきたした。
感動です!

今後ともロケットキッチンをよろしくお願いします!

タグ
ロケットキッチン、名物ロケットチキン、名物チキン、唐揚げ、六会日大前、藤沢湘南台、カフェ、喫茶店、年中夢求、飲み放題、

Xmasのローストチキン試作中!

image1_5.JPG image2_2.JPG

いい感じの丸鶏が、お世話になってる程島商店さんから届きました。

ご予約も入ってきてるので、試作を今日のまかないで食べてみようと思います!

まだXmasローストチキンのご予約間に合いますよー!良かったらXmasの日に食卓に豪華なローストチキンはいかがですか?
ちなみに24.25日じゃなくても大丈夫です。
お電話お待ちしてます!
0466524454

ロケットキッチン、名物ロケットチキン、名物チキン、唐揚げ、六会日大前、藤沢湘南台、カフェ、喫茶店、年中夢求、飲み放題、

週替わりランチ12/15〜

image1_4.JPG

豚バラと揚げナスの甘酢香味ソース!
豚の温しゃぶと、たくさんの野菜に、ふさし特製の甘酢ネギソースをかけました。

ご飯スープおかわり自由で690円、学生さんは50円オフです。

スタッフのまきちゃんが昨日試食してましたが、「美味しー!」言ってました笑。

野菜もたくさん採れますよ!
お待ちしてます。

居心地、使いやすさ。

いやーすっごく寒いですね、急に冷え込んだ夜に思い出す曲といえばTRFの「寒い夜だから」です、こんばんわ拓也です。

image1_3.JPG

さて、ロケットキッチンは少しずつですが、お客さんの居心地を良くしたいと思い、少しずつですが、改善を続けています。

お客様の声、ランチのおかわり自由のスープの台が高すぎて取りづらい…

スープ台の高さ下げました!

image2.JPG

image3.JPG

 

お客様の声、奥の席すごく居心地良いんだけど、冬は寒すぎるね…

ヒーター設置しました!

 

image4.JPG

 

今度もお客さんの声を聞きながら少しずつ良い店に成長していきたいです、よろしくお願いします。

ゼロイチ新聞 創刊号 「選挙」

若者よ!選挙に行かないと13万円損するぞ!って話しは、下の方に書いてあります笑。

ゼロイチ新聞ってゆうのを、過去に4回ほど書いてるんですが、ロケットキッチンのオフィシャルブログができてから、まだ一度も更新していません汗。

なので今回を創刊号として、再びアップしていきます。ほぼオーナー拓也の自己満ですが、世界や社会について書いていきます、ヒマつぶしに読んでいただけたらと思います。継続できるよう頑張ります!

まずゼロイチ新聞の由来はこちらをご覧ください!日本ギャップイヤー機構に自分が予稿した記事です。
http://japangap.jp/essay/2012/01/precious-earth-project.html

今回は「選挙」についてです。かなり旬な話題ですな笑。

もともと自分は政治や社会問題に全く興味ない人間でした。今ではすっごーく興味があり、勉強し、だいぶ理解できるようになりました。

自分がとある仕事の案件でニューヨークに二カ月ほど滞在してた時の話しです。

ちょうど、オバマvsロムニーの大統領選挙のときで、全米はそのニュースばかりで埋め尽くされていました。
そこでなんしろ驚いたのが、若者が一生懸命になってロムニーだろ!オバマに決まってるじゃん!みたいな話ししてるんですね、新聞を広げて選挙の記事を読んでるんですね。仲良くなった友達のツイッターでも、「オバマがんばれ!」みたいなツイートをガンガンしていたり。日本では考えられない光景でした。

以前バンコクに滞在したときも、滞在していたカオサン通りのすぐ近くでデモ隊が(タクシン派)ずーっと座り込みを続けていました。何千人?ってゆう規模で。それもまた若い人が本当に多くて驚きました。

最近では香港のデモも若者がリーダーでしたね。

若者の政治離れは先進諸国でよく言われてますけど、日本の若者の離れっぷりは別格なんじゃないかって思います。

これはヤバいんですね、けっこう。選挙に行かないと、将来の自分の生活が大変になるってこと。

分かりやすく書いてある記事を引用します!以下引用。
投票率を見てみると、20代の投票率は下の通り約35%。
それに比べて60代や70代の投票率は約75%もあるんです。
政治家は当選しなければ無職になってしまいます。そのため、投票してくれる国民の意見を政策に掲げます。
若い世代への政策も掲げますが、優先順位的に60代・70代への政策が増えるんですね。
選挙に行かない20代が求める意見よりも選挙に来てくれる60代・70代の求める意見を大切にするのは当然のように思います。
私が政治家なら20代よりも、たくさん票を持っている60代・70代の為の政治を行うとでしょう。
若い世代も働いて国に税金を納めているのに、若い世代のための政策が実行されないんです!
そんなの悔しいと思ったあなた・・・
選挙に行くことって大事なんじゃないでしょうか?
若い世代の投票率が上がることで、若い世代の為の政策も行われるのです。
引用終わりhttp://www.freelifec.com/senkyo/senkyo2.html

この前見た記事では、若者の投票率が1%下がると、若者一人当たり年13万円も損をするって書いてありました!http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLZO80144300W4A121C1CC1000/

選挙に行こう!